博物館ロゴ
(topページへ戻る)
利用案内展示案内イベント案内学校利用博物館紹介資料リンク集

鳥取県ミュージアム・ネットワーク

連携事業・お知らせ など

2022年04月01日
(展示終了)北栄みらい伝承館で「生誕100年 吉田たすくとゆかりの作家展」を開催

(展覧会は終了しました)

令和4年度鳥取県ミュージアム・ネットワーク連携事業 共同企画展

「生誕100年 吉田たすくとゆかりの作家展」、同時開催「吉田たすくとゆかりの北栄町の作家たち」

 倉吉市生まれの染織家・吉田たすく(1922-1987)は、兄に彫刻家の伊藤宝城、油絵を描いた伊藤武、東京美術学校を卒業した伊藤彰のいる芸術的雰囲気の中で育ちます。1945年に長谷川富三郎の勧めで創作郷土玩具の制作に、1947年には「諸国工芸店 風土」の経営に携わります。その後、1947年より高機で絣制作を始めて以降、染織の技法を追求し1963年には自宅に「たすく手織研究所」を開設します。新匠工芸展や東京、大阪をはじめ各地の個展で作品を発表し、多くの愛好者を得ました。1950年、倉吉市展の創設に参加、以後倉吉市展や鳥取県展の審査員を務めます。同時に倉吉西中学校、久米中学校、大栄中学校で教鞭をとりました。
 本展では生誕100年を記念して、吉田たすくの仕事と関わりのあった作家の作品を展示しその交遊を紹介します。たすく工房で学んだ染織家の古澤順子、新匠工芸展に出品していた白瓷の前田昭博、教え子で陶芸家の河本賢治、中森伯雅、矢田彰儀、教師仲間の小原幹男、福田良徳、前場幸人、淀川修三。兄で彫刻家・伊藤宝城の作品は上神焼窯元で焼かれた作品です。

 

■会期:令和4年11月3日(木・祝)~12月4日(日)

■開館時間:9時~17時(入館は16時45分まで)

■休館日:11月4日(金)・7日(月)・14日(月)21日(月)・24日(木)・28日(月)

■会場・問合せ先:北栄みらい伝承館(北栄町北条歴史民俗資料館)
(鳥取県東伯郡北栄町田井47-1 TEL0858-36-4309)

■入場無料

■主催:北栄町教育委員会、倉吉博物館、鳥取県ミュージアム・ネットワーク

 

チラシ

チラシ

※チラシ画像を拡大する場合はPDF画像 (pdf:537KB)をご覧ください。

 

 

加盟館の紹介(全52施設) 2022年4月現在

鳥取県ミュージアム・ネットワーク加盟館を紹介します。
お気に入りのMUSEUMをみつけよう。

(チラシデータ(pdf:2028KB)をクリックするとPDF画像で拡大してご覧いただけます。)

■T.M.N.鳥取県ミュージアムネットワーク加盟館一覧

各施設へのリンクは以下を参照してください。

チラシ表

チラシ裏

  

最後に本ページの担当課    鳥取県立博物館
    住所  〒680-0011
                 鳥取市東町二丁目124番地
    電話  0857-26-80420857-26-8042
       ファクシミリ  0857-26-8041
    E-mail  hakubutsukan@pref.tottori.lg.jp

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000