鳥取県の防災、災害時の情報ポータルサイト

災害情報はこちら

災害等発生情報

過去の災害情報


バナーなび

トリピーメール

原子力防災アプリ

ツイッター  フェイスブック



とっとり災害記録伝承ポータル

阪神・淡路大震災との比較

鳥取県西部地震との対比

鳥取県西部地震災害との対比で、都市直下型災害と地方の山間部での地震災害との捉え方で、人口密度と地盤構造の違いで、地震災害の質が相違するとの議論が決着することが見られます。
しかし、家屋の立地する場所の地下構造、家屋の造りなどの 物理的な相違だけでなく、阪神・淡路大震災と鳥取県西部地震では人間関係が生きていたことも大きな社会的条件の違いでしょう。地震災害を防ぐためには、工学的アプローチとしてハードの面での成果があります。耐震設計、都市計画など、いろいろと対策を実施していますが、震度6では被害を受けない建築物など都市空間の設計に生かされつつあります。しかしもう少し踏み込んで地震という現象全体でみれば、鳥取県西部地震が地震災害として最小であったのは、災害発生時間とハードの面がカバーしただけでなく精神的基盤が存在したことにも起因していると思います。防災を考える場合、災害発生地で全体の中での個人の問題、個を生かす思想が残っていたことが鳥取県西部地震での死者が出なかったことに結びついていたとも考えられます。

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000