自然保護監視員日記


 中部担当の自然保護監視員が、日々のパトロールの中で発見したこと、感じたこと等を綴りながら、中部地区の魅力的な自然の数々をご紹介します。
 

2022年10月26日

白いモップのような虫

 鳥取県にある国立公園大山では、今季の初冠雪が10月25日に確認されました。冬がすぐそこまで近づいているのを実感します。

 さて、私は山に出かけた後には、服についた虫を払うようにしています。今までマダニやヒルがついていたことがあるため特に注意しています。今回は、服についていた白いモップのような虫を紹介します。

白いモップみたいな虫

 見たこともない白い糸が、服についていたので手で払いました。この写真は地面に落ちた後に撮ったものです。この白い物体が地面で動き出したので、とても驚きました。
 
 この正体は、テントウムシ科のコクロヒメテントウの幼虫です。白いモップのようなものは、ロウ状の物質です。コナカイガラムシのような姿をしていますが、アブラムシを捕食します。

 調べてみると、今回は害のない虫だったので安心しました。

<主な参考文献>
・原色日本甲虫図鑑 (3) 黒澤良彦、久松定成、佐々治寛之/著 保育社 昭和60年
・カイガラムシ おもしろ生態とかしこい防ぎ方 伊澤宏毅/著 農山漁村文化協会 2006年

中部総合事務所環境建築局 2022/10/26 in 県立自然公園



問合せ先

中部総合事務所 環境建築局 環境・循環推進課

(自然公園担当)
電話:0858-23-3276  Fax:0858-23-3266

(野生鳥獣・狩猟免許担当)

電話:0858-23-3149  Fax:0858-23-4803

  
<2023年2月>
2930311234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627281234
567891011

  このページの見方 

・記事のタイトルをクリックすると、全文が表示されます。

・「トップページ」をクリックすると、記事の一覧に戻ります。

・カレンダーの日付をクリックすると、その日の掲載記事が表示されます。
 (※ただし、選択できるのは下線がある日のみです。)

・カテゴリーの項目をクリックすると、そのカテゴリーに分類された記事が表示されます。

    Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000