鳥取砂丘コナン空港では、コンセッション制度に基づく空港運営を開始しました

鳥取砂丘コナン空港では、平成30年7月から公共施設等運営権(コンセッション)制度に基づく民間事業者(鳥取空港ビル株式会社)による空港運営を開始しました。 なお、当該事業期間は平成30年7月から令和6年3月末まで(5年9ヶ月間)としています。

当該事業期間に関しては、現在、3年間延長することで調整中です。

 

 *県施設では、初めてのコンセッション事業

 *コンセッションとは

      公共施設の所有権を移転せず、民間事業者にインフラの事業運営に関する権利を長期間に

      渡って付与する方式

  

取組の経緯(その1・事業開始まで)

取組の経緯(その2・事業開始以降)

変更契約(第2回)(平成31年3月22日)


鳥取空港特定運営事業等中間評価委員会の開催(令和3年10月から12月・計3回)

 中間評価(答申)

事業の実施状況報告

事業の経営状況報告(県条例によるもの)

県によるモニタリング実施結果

関係条例、規則

  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000