日本伐木チャンピオンシップin鳥取の開催について

令和5年10月28・29日 第3回日本伐木チャンピオンシップin鳥取が開催されました

1 開催日 令和5年10月28日(土)、29日(日)

2 会場  大山槇原駐車場(西伯郡大山町赤松上槇原)

3 主催  第3回日本伐木チャンピオンシップin鳥取実行委員会

4 来場者 約1,800人

5 概要

チェンソー操作技術の「安全性、正確さ、スピード」を競い合い、林業の魅力を新たに発信する、全国大会の「第3回日本伐木チャンピオンシップin鳥取」を開催しました。

全国初の設置となった「アカデミー・ジュニアクラス」には全国の林業大学校及び農林業高校から15チーム30名が出場し、練習の成果を競い合いました。その結果、鳥取県立智頭農林高等学校のチームが総合優勝しました。

 

【1】競技内容

・世界伐木チャンピオンシップルールに準じて競技を実施。

・出場選手数 全国から91名

(1)プロフェッショナルクラス(5種目:伐倒、ソーチェン着脱、丸太合わせ輪切り、丸太接地輪切り、枝払い:39名)

(2)ビギナークラス(2種目:伐倒、丸太合せ輪切り:22名)

(3)アカデミー・ジュニアクラス2種目:伐倒(簡易伐倒)、丸太合せ輪切り:10校30名(15チーム)が参加(1チーム2名でのチーム戦)

▼アカデミー・ジュニアクラス出場校

県名

学校名

チーム数

選手数

北海道

北海道立北の森づくり専門学院

長野県

長野県林業大学校

岐阜県

岐阜県立森林文化アカデミー

奈良県

奈良県フォレスターアカデミー

島根県

島根県立農林大学校

高知県

高知県立林業大学校

鳥取県

日南町立にちなん中国山地林業アカデミー

岡山県

岡山県立勝間田高等学校

鳥取県

鳥取県立智頭農林高等学校

鳥取県

鳥取県立倉吉農業高等学校

15

30

 

【2】大会の様子

早朝からチェンソーコントロールが行われ、いよいよ始まる本番に向け緊張感が高まります。

chencon

伐倒会場では、注目の12mのマストツリーを倒す迫力満点の伐倒競技。2日目はアカデミー・ジュニアクラスによる簡易伐倒競技も行われました。

メイン会場ステージで行われた、ミリ単位の正確さを競う丸太合わせ輪切り競技。

枝払い競技。気迫あふれるチェーンソーワークのスピードに圧倒されました。