自然保護監視員日記


 中部担当の自然保護監視員が、日々のパトロールの中で発見したこと、感じたこと等を綴りながら、中部地区の魅力的な自然の数々をご紹介します。
 

2022年7月8日

セセリチョウ

 今回は国立公園船上山で見かけた虫を紹介します。

 オカトラノオの花が見ごろを迎えていたので観察していると、近くにセセリチョウを見かけました。

眼がつぶらなセセリチョウ

 これは、セセリチョウ科のイチモンジセセリです。日本全国どこでも見られるセセリチョウで、後翅の白斑列が一直線なのが特徴です。

止まっている姿は飛行機のよう

 色彩は地味ですが、眼がつぶらで、止まっている姿は飛行機のように見えて魅力的なセセリチョウです。

主な参考文献
・原色日本蝶類図鑑 川副昭人、若林守男/著 保育社 昭和51年
・美しい日本の蝶図鑑 工藤誠也/著 ナツメ社 2018年
・蝶と蛾の写真図鑑 デービッド・カーター/著 日本ヴォーグ社 1996年

中部総合事務所環境建築局 2022/07/08 in 国立公園



問合せ先

中部総合事務所 環境建築局 環境・循環推進課

(自然公園担当)
電話:0858-23-3276  Fax:0858-23-3266

(野生鳥獣・狩猟免許担当)

電話:0858-23-3149  Fax:0858-23-4803

  
<2023年2月>
2930311234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627281234
567891011

  このページの見方 

・記事のタイトルをクリックすると、全文が表示されます。

・「トップページ」をクリックすると、記事の一覧に戻ります。

・カレンダーの日付をクリックすると、その日の掲載記事が表示されます。
 (※ただし、選択できるのは下線がある日のみです。)

・カテゴリーの項目をクリックすると、そのカテゴリーに分類された記事が表示されます。

    Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000