鳥取砂丘レンジャー日記

2012年4月20日

コウボウシバ

巡視中にコウボウシバの花穂が伸びているのに気が付きました。
コンボウシバ

写真の黒く伸びている部分がコウボウシバの花穂です。 拡大写真を撮りました。
コウボウシバの穂

コウボウシバは、砂がほとんど移動しない安定帯で生育しますが、大群落を作っているのはオアシスです。
砂丘植物の中で最も水分を好む植物であり、オアシスで群落を作るのは理解いただけると思います。
4~7月が花期で、雌雄同株の植物であり写真の花穂は雄花です。 通常は花穂の上部に雄花、下部に雌花をつけますが、雌花はまだ見当たりませんでした。

雄花が開き、雌花が咲いた頃に、続編を紹介します。

(赤レンジャー)

砂丘事務所 2012/04/20

<2024年6月>
2627282930311
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30123456

月別アーカイブ

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000