とっとり孤独・孤立対策官民連携プラットフォーム 入会募集中

とっとり孤独・孤立対策官民連携プラットフォーム会員募集

 鳥取県の孤独・孤立対策に取り組む多様なNPO法人や社会福祉法人等の支援機関との複合的な官民の連携を強化することにより、孤独・孤立対策の取組みの推進に繋げること目的としてプラットフォームを令和4年9月に設置したところですが、孤独・孤立対策推進法施行に伴い、施策の更なる効果的な推進を図る官民連携体制を構築するため、プラットフォーム構成団体を拡大することとして、令和6年4月1日から、孤独・孤立対策に取り組む県内の支援団体をプラットフォーム一般団体として募集しています。

●プラットフォームとしての主な活動内容
• 孤独・孤立対策に関する広報活動
• 孤独・孤立対策に取り組む構成機関間の交流(情報共有を含む)
• 孤独・孤独に関する相談支援・援助、及び相談のハードルを下げる取組の実施
• 孤独・孤立に関するアウトリーチ・実態把握
• 行政と孤独・孤立対策に関する対話、行政への政策提言
• 各市町村における重層的支援体制整備事業の実施
• 課題や連携に関するワークショップ実施等の連携強化活動

●加入メリット
・孤独・孤立対策を実施・推進している他団体と「つながる」ことができる。
・国、県からの情報やPF参加団体が主催するイベント等を「知る」ことができる。
・自らの団体が実施している活動を他の団体や地域へ「知らせる」ことができる。
 (草の根活動のような小さな団体でも、対外的なPR効果が期待できる)
 

 入会を希望される方は電子申請サービスよりお申込み下さい。

○プラットフォーム規約 規約 (pdf:208KB)

○プラットフォーム一般団体入会要領 入会要領 (pdf:141KB)

○入会申請はこちら>>URL

○事業ちらし>> プラットフォームちらし(pdf:525KB)

○入会団体一覧>>一覧  (pdf:210KB)※5月14日時点

  

「とっとり孤独・孤立対策官民連携プラットフォーム」会員団体による広報啓発事業補助金

支援団体の取組の活性化、自治体以外の団体による孤独・孤立対策の取組や支援機関同士の連携・協働を進めていくため、「とっとり孤独・孤立対策官民連携プラットフォーム」に入会していただいた団体が行う孤独・孤立対策に関する広報活動・交流活動に対して補助金を交付します。

○交付要綱 → 補助金交付要綱(pdf:108KB)

○申請・実績報告様式一式 → 補助金申請様式・実績報告様式(docx:34KB)

○概要

【補助対象経費】
「とっとり孤独・孤立対策官民連携プラットフォーム」会員団体が行う孤独・孤立対策に関する広報活動・交流活動事業に要する経費(報酬、報償費、旅費、需用費、役務費、委託料、使用料及び賃借料など)
※事業例(個別に内容を確認の上、対象とならない場合もありますので御了承ください)
 ・啓発物品作成(ちらし、リーフレット、ポスター など)
 ・講演会、研修会、フォーラム、ワークショップの開催
 ・広告掲載  など

【補助率】経費の3分の2(千円未満切捨て)

【補助対象経費】1団体につき上限30万円(補助金交付上限20万円)

 ※補助例

 ・補助対象経費20万円→補助額133,000円

 ・経費全体で40万円→補助対象経費は30万円まで→補助額20万円

【申請期限】補助事業開始の20日前まで

  
 鳥取県 福祉保健部 ささえあい福祉局 孤独・孤立対策課
    住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    電話  0857-26-7158      ファクシミリ  0857-26-8116
    E-mail  kodoku-koritsu@pref.tottori.lg.jp

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000