鳥取県の大気汚染調査結果

令和2年度 大気汚染調査結果

大気汚染調査結果報告書(PDFファイル) (pdf:1314KB)をご覧ください。

※(R4.5.20)11ページについて、ヒ素及びその化合物の指針値、マンガン及びその化合物指針値、1,3-ブタジエンの指針値に誤りがあり、資料を差し替えました。測定結果に変更はありません。(該当ページ (pdf:107KB)

1 常時監視

(1)二酸化いおう、一酸化炭素、二酸化窒素

 毎年環境基準を達成しており、令和2年度も測定を行ったすべての地点で環境基準を達成した。

(2)浮遊粒子状物質(SPM)

 近年は毎年環境基準を達成しており、令和2年度は測定を行ったすべての地点で環境基準を達成した。

(3)光化学オキシダント

 全国的に環境基準達成率が非常に低い状況にあり、本県においてもすべての地点で環境基準(0.06ppm)を達成しなかった。なお、昼間1時間値の最高値は0.083ppm(一般局米子)であり、大気汚染防止法第23条に定める緊急時の基準(注意報レベルの濃度0.12ppm)には至らなかった。

(4)微小粒子状物質(PM2.5)

 県内4地点で測定を行っており、例年、大陸からの越境汚染の影響等が原因で環境基準を達成しないことが多く、令和2年度は、一般局米子で長期的評価としての長期基準では達成したが、短期基準では非達成であった。

2 有害大気汚染物質モニタリング

 環境基準が設定されている4物質(テトラクロロエチレン、トリクロロエチレン、ベンゼン、ジクロロメタン)について、すべての地点で環境基準を達成した。
 また、「環境中の有害大気汚染物質による健康リスクの低減を図るための指針となる数値(指針値)」が設定されている11物質(アクリロニトリル、塩化ビニルモノマー、水銀及びその化合物、ニッケル化合物、ヒ素及びその化合物、クロロホルム、1,2-ジクロロエタン、1,3-ブタジエン、マンガン及びその化合物、塩化メチル、アセトアルデヒド)についても、すべての地点で指針値以下であった。
 その他の国内基準等が定められていない6物質については、全国平均と比べて概ね同等又は低い値で推移していた。

 

  

過去の調査結果について

過去の調査結果については、下記のリンクを参考ください。
  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000