活動日誌

 県立公文書館が行っている日々の活動の様子を、ブログ形式でご紹介します。

  
公文書担当」で絞込み

2022年11月7日

職員対象の資料修復研修会を開催しました。

 公文書館では破れや虫喰いなど修復を必要とする紙資料について、軽易なものは職員が修復作業を行っています。
 そのスキルアップのため、10月26日、27日の両日、南部町在住の修復家・秦博志さん(Hata Studio経営)にお出でいただき、講義と実務指導をしていただきました。

講師・秦博志氏(修復家・修復工房Hata Studio経営)
講師・秦博志さん(修復家・修復工房Hata Studio経営)


 はじめに、紙の「糸目」と「簀の目」(すのめ)について、それぞれの特徴や、特徴を生かした製本の仕方などのお話を詳しく教えていただきました。紙の厚さについても様々あり、修復をする際に、和紙を使い分けると仕上がりも美しいなどのお話や、欠落部分を先に補修してから裏打ちをするなど一手間かける方法なども伺いました。
 さらに、紙のPHを測る方法や、脱酸の方法なども講義していただきました。

 続いて、製本の方法のひとつとして、「くさり綴じ」を習いました。
 「くさり綴じ」は本来、綴じの初心者が習う方法ではないらしいのですが、既に裏打ちをした429丁のバラバラの簿冊はかなり厚みもあり、特別に教えていただける事になりました。7つに分けてそれぞれを仮綴じし、穴を開けてから全部合わせて4本の針で綴じていく方法です。厚みがあるので、ずれないように穴を開けるのが大変でした。
 さらに、「三つ目綴じ」の方法を教えていただきました。
 「三つ目綴じ」は穴も3カ所なので比較的簡単です。解いたりまた綴じたりも容易にできるので、すぐにも使えそうな方法でした。

「くさり綴じ」の完成した資料
「くさり綴じ」の完成した資料



 最後に参加した職員の感想を紹介します。
  • すべて裏打ちをすると厚くなってしまうため、欠落部のみ補修するやり方など、細かい部分まで教えていただき大変勉強になった。今後の業務に少しでもいかせたらと思う。
  • 見学時には出来そうだった作業も、実際に行ってみると、非常に繊細で細やかな作業がたくさんあり、簡単ではないことを痛感した。
  • 綴じを教えていただくのは初めてで、とても勉強になった。また、元の状態に戻せる補修を心がけることが大切と言われ、自分の作業のやり方を見直したいと思った。
  • 資料の状態によって適切な方法が異なるということ、修復するときはあとからでも元の状態に戻せるようにすることなど、保存・修復にあたっての大切な考え方、資料を適切に保存するための技術を教えていただき、学びの多い時間になった。

  •  少人数での研修だったため、細かい部分まで詳しく教えていただけて、大変有意義な研修会となりました。
     御指導いただきました秦博志さんには、厚くお礼申し上げます。

    公文書館 2022/11/07 in 公文書担当,講座などのイベント

    2022年10月12日

    令和4年度「倉吉博物館講座」で当館専門員が講演しました。

     令和4年10月1日(土)、倉吉博物館主催の講座が開催され、「昭和の合併と倉吉市誕生の歩み」と題して、当館の伊藤康専門員が講師を務めました。
     10月1日は、ちょうど倉吉市制が始まった日にあたり、30名にご参加いただきました。
     講座では、倉吉周辺町村の合併や編入に至る過程を、当館所蔵の公文書や図面を駆使して、分かりやすく解説しました。
     参加者からは「昭和4年の倉吉町と上灘村の合併から詳しく丁寧に説明いただき、倉吉市の誕生の流れがよく分かった」「林野の所有権(財産区)を残しての合併が現在も残っているとの話を聞き、興味深かった」との感想をいただき、改めて倉吉市制の歴史を深く学ぶ機会となりました。

    講座会場の様子
    講座会場の様子


    講座の様子(伊藤専門員)
    講座の様子(伊藤専門員)

    公文書館 2022/10/12 in 公文書担当,講座などのイベント

    2020年9月11日

    南部町立西伯小学校のみなさんが来館されました。

     9月10日(木)に6年生のみなさん64名が修学旅行で来館されました。 約20名ずつ3つのグループに分かれて見学しました。
     はじめに公文書館の役割について説明を受けた後、現在開催中の企画展「鳥取県ができるまで」 を観覧し、鳥取県と島根県の併合や再置の歴史を学びました。

    田中館長写真
    (写真1)田中館長のあいさつ


    クイズに挑戦している写真
    (写真2)鳥取県の歴史についてのクイズにも挑戦しました。
    みなさん元気に答えていました。


    地下書庫の様子
    (写真3)地下の書庫を案内する様子


    知事引継書を紹介
    (写真4)明治の「知事引継書」を紹介しました


     児童からは「公文書館の書庫には貴重なものがたくさんあって驚いた」などの感想がありました。初めて公文書館に入ったとの声が多かったですが、以前より身近に感じていただけたようです。  
     ご来館ありがとうございました。また来てくださいね。

    公文書館 2020/09/11 in 館見学,公文書担当

    2020年6月15日

    鳥取地域史研究会月例会で田中館長が講演しました。

     6月13日(土)、鳥取県立博物館講堂で今年度最初となる鳥取地域史研究会の月例会があり、当館の田中館長が「市町村における公文書管理の現状と課題」と題して講演を行いました(新型コロナウイルス感染予防のためフェイスシールドを付けて講演)。  
     公文書館の業務や歴史的公文書の評価選別・保存等の流れについて説明した後、市町村や地域における公文書や古文書の保存・管理の現状と課題について報告し、県・市町村・県民等が協力し、県民共有の知的財産である歴史的に重要な公文書等を将来の世代へ引き継ぎましょうという話をしました。  
     参加者からは「県庁の組織改正で部局が統合・移動する際の公文書の移管はどうなっているのか」「地域の学校関係資料にも目を向けてしっかり保存して欲しい」等の質問・意見が出されました。

    講演写真
    講演会の様子

    公文書館 2020/06/15 in 公文書担当,講座などのイベント

    2019年11月27日

    鳥取市立醇風小学校のみなさんが来館されました。

     11月27日(水)に6年2組のみなさん20名が総合学習で来館されました。「今日は何の日?」をテーマに、事前に調べたうえで疑問点を挙げて学習に臨みました。
     疑問のあった鳥取大火、鳥取空港、鳥取放送局、鳥取大地震、佐治アストロパーク、国民文化祭、遠藤董、二十世紀梨、鳥取砂丘、仁風閣の10項目のうち7項目を解説しました。 熱心にメモを取っている姿がとても印象に残りました。これからも引き続き学習を進めていってほしいものです。担任の六井先生もおつかれさまでした。

    銅像前で学習する写真
    (写真1)銅像「遠藤董」の前で学習


    田中館長あいさつ写真
    (写真2)田中館長のあいさつ


    鳥取大地震の学習をする写真
    (写真3)鳥取大地震の学習

    公文書館 2019/11/27 in 館見学,公文書担当

    2019年11月15日

    鳥取県立公文書館・鳥取県立図書館バックヤードツアーを開催しました。

     11月10日(日)に、鳥取県立公文書館・鳥取県立図書館バックヤードツアーを実施し、16名の方にご参加いただきました。  
     公文書館では、伊藤専門員から常設展の解説、地下書庫の案内、保存方法の紹介を行いました。  中には「初めて公文書館に入った」という方も複数おられ、中性紙箱に保存されている貴重な資料などをご覧になり、伊藤専門員の解説を熱心に聞いていただきました。

    常設展解説の様子写真
    (写真1)常設展解説の様子


    地下書庫解説の様子写真
    (写真2)地下書庫解説の様子


    • まだまだ見たりない、知りたりない感じがしたので、前は入りにくい感じがしていたけれど、利用してみたいと思った。
    • 本当に資料を大事にしているのだということとにおいを感じることができて、今回参加して本当によかったと思いました。
    • いろんなこぼれ話も聞くことができて良かったです。

    公文書館 2019/11/15 in 館見学,公文書担当

    2019年9月19日

    山田繁様・玲子様ご夫妻(山田信道ご子孫)来館されました。

     令和元年9月17日(火)に山田様ご夫妻が来館されました。曾祖父である山田信道の肖像写真や山田家に伝わる男爵大礼服などを観覧し、「写真も大礼服も貴重な資料だと思います。若い世代が珍しい大礼服を見て、歴史を知るきっかけになってくれれば」と話されました。

    大礼服を観覧する山田ご夫妻写真
    (写真1)大礼服を観覧する山田ご夫妻


    山田信道の紀功碑の説明を受ける山田ご夫妻写真
    (写真2)山田信道の紀功碑の説明を受ける山田ご夫妻

    公文書館 2019/09/19 in 館見学,公文書担当,展示

    2019年9月19日

    山瀬尋己様・理桜様・いづみ様(山瀬幸人ご子孫)、児嶋祥吾様来館されました。

     令和元年9月12日(木)に山瀬様・児嶋様(鳥取ガス株式会社会長)が来館されました。山瀬尋己様は、祖父山瀬幸人に贈った山田信道揮ごうの書などを観覧し、「先祖と山田信道の交流を示す貴重な資料だと思います」と話されました。
     幸人の曽孫で、ヴァイオリニストの山瀬理桜様は「人を育てるという重要な責務を担った先祖を誇りに思います」との感想を寄せられました。

    山瀬幸人宛山田信道揮ごうの書の前の写真
    山瀬幸人宛山田信道揮ごうの書の前で
    (左から山瀬いづみ様・尋己様・理桜様・児嶋祥吾様)

    公文書館 2019/09/19 in 館見学,公文書担当,展示

    2019年9月3日

    令和元年度「公文書管理主任研修会」を開催しました。

     鳥取県立公文書館では、県庁政策法務課と共同で、年1回各課の文書管理主任(主に課長補佐)を対象に研修を行っています。9月3日(火)は県庁で東部地区の職員を対象に、公文書関係条例及び関連諸規程に沿った文書事務を一層適切に行ってもらうための注意点について、島谷係長が講義を行いました。

    島谷係長の講義
    (写真1)公文書館島谷係長の講義


    会場の様子
    (写真2)東部地区の文書管理主任が参加

    公文書館 2019/09/03 in 公文書担当

    2019年3月11日

    公文書館通信(年4回)を発行しました。

     当館では、公文書館における事業内容(公文書の引継ぎ、利用提供など)について県庁内に発信し、職員に公文書管理に関する理解を深めてもらうきっかけとするため、年4回「公文書館通信」(メールマガジン)を発行することとしました。  
     平成30年度は、「公文書館のお仕事」というテーマで、文書の評価選別や保存修復の様子を紹介しました。

    公文書館通信タイトル

    公文書館メルマガvol.1(pdf形式 626KB)

    公文書館メルマガvol.2(pdf形式 713KB) 

    公文書館メルマガvol.3(pdf形式 610KB) 

    公文書館メルマガvol.4(pdf形式 662KB) 

    公文書館 2019/03/11 in 刊行物,公文書担当

    Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000