二級河川「新内海川」の指定について

  

二級河川「新内海川」の指定等に係るパブリックコメントの実施結果

 鳥取市内海中地内を流れる「内海川」を普通河川として鳥取市へ移管するとともに、東側の「排水路」を「新内海川」として新たに二級河川に指定することについて意見を聞きました。

パブリックコメントの趣旨・概要

 パブリックコメントは、河川管理者として幅広く県民の意見を聞くため実施したものです。
「内海川」は昭和49年4月に二級河川として指定し、流路延長約2kmの御熊・内海中・白兎地区の用排水の機能を持つ県管理河川として管理しています。しかし、流下能力不足から大雨等により度々溢水が発生し、隣接する県道御熊白兎線が冠水し通行止めとなったり、農作物や住民生活へ多大な影響を与えるなど、その改善が求められていました。これを解消すべく平成13年からは県営ほ場整備事業と併せて整備した東側の「排水路」に内海川の機能を持たせ、県道冠水等の被害を解消してきました。この度、これを「新内海川」として指定するものです。

意見募集の結果

アンケート結果 (pdf:141KB)
  
  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000