新型コロナウイルス感染症特設サイト タイトル

療養者の方へ、(濃厚)接触者・感染不安のある方へ、後遺症

 

 

5月8日以降の療養について

療養期間(推奨)

令和5年5月8日以降、新型コロナ患者は、法律に基づく外出自粛は求められません。

外出を控えるかどうかは、個人の判断に委ねられます。その判断の参考として、国が示す『推奨される療養期間』等を参考ください。

【推奨される療養期間(厚生労働省・新型コロナウイルス感染症に感染した場合の考え方)】

  • 発症翌日から5日間※は外出を控えることが推奨されます

※5日目も症状が続く場合は、熱が下がり、痰や喉の痛みなどの症状が軽快して24時間が経過するまでは外出を控えることを推奨

※無症状の場合は検体採取日を0日目とする

  • 発症後10日間※は不織布マスクの着用や高齢者等ハイリスク者との接触を控える等、周りの方へうつさない配慮をお願いします。

※発症から10日間が経過するまではウイルス排出の可能性があるとされています。

(参考)

新型コロナウイルス感染症の5類感染症移行後の対応について(厚生労働省ホームページ)


濃厚接触者(同居家族)

5類感染症への移行に伴い、一般に保健所から新型コロナ患者の「濃厚接触者」として特定されることはありません。また「濃厚接触者」として法律に基づく外出自粛は求められません。

その上で、以下の点に注意し、家庭内での感染拡大・周りの方へうつさない配慮をお願いします。

(同居家族の方の陽性が判明した際の注意点)

  • 新型コロナにかかった方の発症翌日から特に5日間は、しっかりとご自身の体調管理を実施する
  • 7日目までは発症の可能性があるため基本的な感染対策に加え、周囲の方にうつさないよう配慮する(不織布マスクの着用、高齢者等ハイリスク者と接触を控える等)
  • 自宅療養の際は『可能であれば部屋を分ける』『お世話はできるだけ限られた方で行う』など家庭内の感染対策に注意する

 


療養中の症状悪化時の対応

療養中の症状が悪化した場合はかかりつけ医にご相談ください。

相談先に困る場合は「県新型コロナウイルス感染症相談・支援センター」にご相談ください。

休日・夜間等で相談先に困る場合は「とっとりおとな・こども救急ダイヤル」もご活用いただけます。


(参考)関係通知


(参考)「お子さんが新型コロナウイルスに感染した時のポイント」(厚生労働省リーフレット)

お子さまが新型コロナに感染した時のポイント

画像をクリックするとPDFデータが表示(厚生労働省ホームページへリンク)

  

療養証明書について

RSS 1.0

療養証明書

 「療養証明書」のページをご覧ください。

  

新型コロナウイルスのPCR検査を自費で受けることができる機関 (2022年8月29日現在) New!

注意事項

  • 各機関で、検査対象者、実施日、料金、予約方法、証明書発行可否等が異なりますので、各機関の注意事項をよくご確認ください。
  • 検査対象者は各機関で異なりますが、概ね以下のとおりです。
    【重要】症状がある方、陽性者と接触した可能性がある方は、次の「・」をご覧ください。
    1. 無症状で検査を希望される方
    2. 企業・団体として検査が必要な方
    3. ビジネス海外渡航、帰国のための陰性証明書が必要な方
  • 【重要】発熱等の症状が出たときは、まずは事前にかかりつけ医にご相談を
    1. 発熱等の症状がある場合 → まずは、医療機関受診前に、事前にかかりつけ医にご相談を
    2. かかりつけ医がいないなど相談先に迷う場合 → 新型コロナウイルス感染症相談・支援センター
    3. 陽性者との接触歴や接触した可能性があるなどご心配な場合 → 保健所(接触者等相談センター)へ
  • 「陰性」と判定された場合であっても、実際は感染している「偽陰性」の場合があります。これは、各種検査の精度上やむを得ないものですので、予めご了承ください。また、発熱等の症状が出たときは、かかりつけ医にご相談ください
  • 料金は、全額自費(公的医療保険制度適用外)です。
  • 感染拡大時や、検査希望者が多いとき等は、自費検査に制限が生じる場合があります。
  • 以下のリストは、掲載を承諾された機関及び掲載の依頼があった機関を掲載したもので、網羅的ではありません。以下のリスト以外の機関でも、自費による検査を受けられる可能性があります。
  • 以下のリストの内容は、変更されている場合があります。
  • 以下のリンクは、外部リンクです。

 

1 医療機関  ▼ クリックで展開

 

2 検査機関・健診機関  ▼ クリックで展開

 

(参考) 厚生労働省 自費検査関連ページ (外部リンク)  ▼ クリックで展開

 

(参考) PCR検査、抗原検査(抗原定量検査、抗原定性検査)、抗体検査の違い  ▼ クリックで展開

 

医療機関・検査機関の皆様へ  ▼ クリックで展開

 

 

担当課:新型コロナウイルス感染症対策本部事務局

  

新型コロナウイルス感染症に関する罹患後症状(後遺症)

アコーディオン全表示切替RSS 1.0

新型コロナの罹患後症状(後遺症)に関する相談対応

新型コロナから回復後、後遺症の症状がある場合は保健所・かかりつけ医・地域の医療機関・入院医療機関・専門医療機関にご相談を

 

 新型コロナに感染し回復したあと、疲労感、倦怠感、思考力低下、味覚・嗅覚障害などの症状が続く場合は、保健所・かかりつけ医・地域の医療機関・入院医療機関・専門医療機関にご相談いただくことができます。

 新型コロナの後遺症患者が一定数存在することを踏まえ、保健所での相談対応に加え、かかりつけ医、地域の医療機関、入院医療機関、専門医療機関の連携による医療体制を構築しました。(添付リーフレットまたは下図をご参照ください。)

 県内の医療機関については、「とっとり医療情報ネット」から御確認いただけます。罹患後の症状に応じて各医療機関へ受診相談をお願いします。

○【リーフレット】新型コロナウイルス感染症の罹患後症状(後遺症)について (pdf:1378KB)

 

後遺症に関する相談体制・医療体制の図

  • 後遺症が継続する方の相談を保健所、かかりつけ医や地域の医療機関などで行い、患者の不安にこたえる体制を作りました。
  • 後遺症の専門医療機関(県立中央病院・県立厚生病院・鳥取大学医学部附属病院)での受診もできます。後遺症の原因等は未だ不明な点があり研究途上ですが、専門医療機関では、上記の問い合わせ先を中心に、症状等を踏まえ必要に応じて関係する診療科が連携して診察・治療に対応されます。

 

【各専門医療機関(いわゆる後遺症外来)の問い合わせ先】

地区 専門医療機関 電話番号
東部 県立中央病院(総合内科) 0857-26-2271
中部 県立厚生病院(地域連携センター) 0858-22-8181
西部 鳥取大学医学部附属病院(新型コロナウイルス感染症後遺症外来) 0859-38-6692

(注)専門医療機関での受診を希望される際、かかりつけ医または、入院していた医療機関からの紹介状がない場合、特別の料金(選定療養費)7,700円が必要になります。また、紹介状作成に当たっては、診療情報提供料のご負担が必要となります。

【各保健所の問い合わせ先】

地区 保健所 電話番号
東部 鳥取市保健所 0857-22-5625
中部 倉吉保健所 0858-23-3261
西部 米子保健所 0859-31-9317

 

【参考】厚生労働省ホームページ
  新型コロナウイルス感染症の罹患後症状(いわゆる後遺症)について

 

更新日:2023年5月2日
  
  

 

 

 

 タイトルをクリック又はタップすると、内容の表示・非表示の切り替えができます。

 

 

 

 

 

 

 

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000