出前講演

鳥取県埋蔵文化財センターの文化財主事が全国に出かけて
「講演」します。
~鳥取県の考古学・文化財を全国に情報発信します~   

地域の遺跡や歴史を一緒に学びましょう!

 

詳しくは、「「出前講演」テーマ(演題)一覧」を御覧ください。

(一覧にない講演内容も御相談に応じます。)

■令和6年度出前講演の一覧はこちら>>>・PDF(pdf:511KB)

■令和6年度出前講演申込書はこちら>>>PDF (pdf:206KB)エクセル (xlsx:16KB)

[令和6年5月掲載]

  

イベント等の申込

令和6年度鳥取まいぶん講座申込(4月18日(木)~募集開始)


刊行物の御購入


センター紹介

 久松山地域は戦国時代以降鳥取城が築かれ、鳥取藩32万石の中心地でした。現在でもこの地域は県庁があり、行政の中心地となっています。

 しかし、戦国時代から遡ること約800年前の奈良時代、県庁から4キロほど離れたこの国府町に国史跡因幡国庁(現在の県庁にあたるもの)がありました。今ではひっそりとした田園地帯ですが、因幡三山(甑山(こしきやま)、今木山(いまきやま)、面影山(おもかげやま))に囲まれ、当時の面影を残す万葉の歴史と古代の出土品にあふれた万葉の里となっています。
 この歴史豊かな万葉の里の一角に埋蔵文化財センターはあります。


埋蔵文化財センターについて


目的から探す


関係先へのリンク

  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000