外来生物防除

(外来生物情報:芝生を整備されている管理者の方は注意ください)メリケントキンソウの県内確認と注意について

 メリケントキンソウについて、西部地区で生育情報がありました。
 この植物は5~6月頃にトゲがある種子をつけ、種子が熟すととげが固くなり生育地では手や素足に種子が刺さるけがをすることがあります。
 特に芝生に紛れ込み生育している事例が他県で多く確認されており、怪我等の発生が問題となっています。
 素足での活動等を目的として芝生を整備されている管理者様については、管理施設内での怪我の発生がないよう、生息の有無の確認や、生育が確認された場合の駆除等注意いただきますようお願いいたします。

※メリケントキンソウ
 日本では1930年代に和歌山で初確認されています。1年生で鳥取県への正確な侵入時期は不明です。
 現在、当課へ寄せられている県内の生育情報は西部地域だけです。外来生物法による指定は現在ありません。
 生育適地としては明るい場所(公園や空き地等)で、駆除は種子が熟しとげが固くなる前(4月末まで)に手捕り、掘り取りをするほか、除草剤の使用が行われています。
 7月には枯死しますが、熟した種子はバラバラになって、靴やタイヤに付着しやすくなり、分散されます。


※他県事例
愛知県蒲郡市ホームページ
鹿児島ホームページ
宮崎県ホームページ
熊本県ホームページ

・メリケントキンソウ全体(小ぶりな個体)

・メリケントキンソウ種子(鋭いトゲが確認できる。乾燥すると茶色に代わり、よりトゲが固くなる)

メリケントキンソウ種子

特定外来生物「ヒアリ」について

鳥取県内での発見例はありませんが、国内の港湾施設などで「ヒアリ」が発見されています。
「ヒアリ」の特徴や対応方法については以下のとおりですので、怪しいアリを見つけても冷静な対応をお願いします。
 

「ヒアリ」の特徴(色やかたち)

(ヒアリの写真)全体は赤茶色で腹部が黒っぽい赤色(写真:環境省提供)

「ヒアリ」の大きさは2.5ミリメートルから6.0ミリメートルで、全体的に赤茶色で、腹部は濃い赤色で黒っぽく見えます。毒針で積極的に刺します。

ヒアリの簡易な見分け方 

ヒアリの基礎情報(環境省)

「ヒアリ」を発見したら

 刺されないように十分注意して、以下のいずれかの機関に通報してください。

・環境省ヒアリ相談ダイアル
  月・水・金・土日祝の週5日午前9時~午後5時
  (12月29日~1月3日除く)
 【電話】0570-046-110
  ※一部機種では利用できないため、その場合は「06-7634-7300」

 【ホームページ

・県庁緑豊かな自然課
 【電話】0857ー26ー7979 【ファクシミリ】0857ー26ー7561
・中部総合事務所環境建築局環境・循環推進課
 【電話】0858ー23ー3276 【ファクシミリ】0857ー23ー3266
・西部総合事務所環境建築局環境・循環推進課
 【電話】0859ー31ー9628 【ファクシミリ】0859ー31ー9333


「ヒアリ」の駆除方法

 刺されないように十分注意して、熱湯や市販のスプレー式殺虫剤で殺虫処理してください。具体的な駆除方法は以下の環境省のホームページに掲載されている
「ストップ・ザ・ヒアリ(ヒアリの特徴・生態・駆除方法・刺されたときの対処方法等の参考)」をご参照ください。
 「ストップ・ザ・ヒアリ(ヒアリの特徴・生態・駆除方法・刺されたときの対処方法等の参考)」(PDF1.4MB)

(参考)「ヒアリの防除に関する基本的考え方 Ver.2.0」のP.16~20を参照(環境省)

 

もし「ヒアリ」に刺されたら

 「ヒアリ」の毒への反応は人によって大きく異なります。刺されたときには安静にし、体調に変化がないか注意してください。
 急激に容体が変化した場合は、救急車を呼ぶなどし、一刻も早く医療機関を受診してください。その際、「アリに刺されたこと」「アナフィラキシーの可能性があること」を伝えてください。  
 なお、ヒアリに刺された場合の留意事項は厚生労働省のホームページに掲載されていますので、あわせてご覧ください。

 ヒアリに刺された場合の留意事項について(厚生労働省ホームページ) 

参考・環境省報道発表資料


 

特定外来生物「セアカゴケグモ」に御注意ください!

 外来生物法で特定外来生物に指定されている「セアカゴケグモ」が県内各地で確認されています。
 発見したクモは、直ちに捕獲駆除し、周辺の点検を実施しています。
 有毒であるため咬みつき被害に注意が必要です。
 もし見つけた場合は、素手では触らないで、緑豊かな自然課、中部総合事務所、西部総合事務所、最寄の市町村役場等に御連絡ください。
 駆除には、市販の殺虫剤(ピレスロイド系)が有効です。
 また、万が一セアカゴケグモと思われるクモに咬まれてしまった場合は、医療機関へその旨を速やかに相談、受診してください。

発見事例

事例 発見日 場所
1 平成25年9月6日 西伯郡大山町所子
2 平成26年9月16日 西伯郡伯耆町
米子自動車道・大山PA
3 平成26年11月22日 東伯郡三朝町山田
4 平成28年7月2日 鳥取市雲山
5 平成28年9月23日 鳥取市気高町新町
6 平成28年9月25日 東伯郡三朝町本泉
7 平成28年9月27日 西伯郡伯耆町
米子自動車道・大山PA

セアカゴケグモ
【セアカゴケグモ(メス・成体)】

セアカゴケグモ幼体の背面セアカゴケグモ幼体の腹面
【セアカゴケグモ・幼体(左)背面、(右)腹面】
   ※「外来生物写真集」(環境省)より転載。

特徴

  • メス(成体):体長1cm前後で体色は黒く、つやがある。
  • オス:体長5mm程度で体色は褐色、足の色は濃淡があり縞模様。

すみか

  • 陽のよくあたる場所の地面近くの隙間やくぼみ
  • 道路側溝、プランター、エアコン室外機等の人工物の物陰、駐車場周辺

問合せ先

県庁緑豊かな自然課
【電話】0857ー26ー7979 【ファクシミリ】0857ー26ー7561
中部総合事務所環境建築局環境・循環推進課
【電話】0858ー23ー3276 【ファクシミリ】0857ー23ー3266
西部総合事務所環境建築局環境・循環推進課
【電話】0859ー31ー9628 【ファクシミリ】0859ー31ー9333

 ■環境省自然環境局HP
  セアカゴケグモ・ハイイロゴケグモにご注意ください!(PDF:433KB)
  特定外来生物セアカゴケグモ(PDF:433KB)
  特定外来生物同定マニュアル クモ・サソリ類(ゴケグモ属の4種の項)(PDF:1.9MB)
  日本の外来種対策

  特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律

 

生物多様性の保全

希少野生動植物の保護・管理、自然生態系の保全・再生、外来種の防除等を県民との協働により実施しています。
  

お問い合わせ先

緑豊かな自然課自然環境保全担当
 【電話】0857-26-7872
  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000